• メインイメージ(春)
  • メインイメージ(夏)
  • メインイメージ(秋)
  • メインイメージ(冬)
waku
GIFU42 ぎふ42市町村ネットワーク
データ放送 市町村広報 8chでdボタン

新着情報
2017.10.13 岐阜県市町村振興協会資金要望一覧・変更一覧について
waku
ぎふアルバム
荒川豊蔵資料館〜豊蔵作陶の地〜(可児市
 可児市久々利大萱は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて黄瀬戸、瀬戸黒、志野、織部といった美濃桃山陶を焼いた窯跡があり、牟田洞古窯跡では、国宝志野茶碗「卯花墻」が焼かれたとされています。この地は昭和5年に荒川豊蔵が志野の陶片を発見した場所であり、豊蔵はこれをきっかけに居宅や陶房を構えて志野などを再興し、人間国宝となっています。可児市では荒川豊蔵資料館の敷地内の整備改修を行い、平成29年4月から居宅や陶房などを公開しています。資料館で収蔵する荒川豊蔵の作品とともに、この地の自然や豊蔵の暮らし、仕事ぶり、作品を生み出した感性などを感じていただきたいと思います。
Google マップ
宝くじは皆さんの暮らしに役立てられてます
宝くじのページはこちらから
 サマージャンボ等宝くじの収益金は市町村振興に役立てられています。
waku waku